投稿

6月, 2021の投稿を表示しています

ランニング嫌いな在宅勤務エンジニアの一人でできる運動習慣

イメージ
こんにちは、ぐぐりら(<a href="https://twitter.com/guglilac">@guglilac</a>)です。 今回は、コロナ禍でフルリモートで働く自分が行っている、一人でできる運動不足解消のための習慣を紹介しようと思います。 自分は特に専門家ではないのでいろいろ調べつつ、現在も自分に合った方法を模索している感じですが、今のところ挫折することなくこの運動習慣を続けられています。 * 在宅勤務が続いているけど運動できていない * 運動しようと思ってもなかなか続かない * きついのは嫌だ などの悩みをもっている方の参考になればと考え、共有しようと思います。 自分自身あまり意思力が強いわけでもなく運動が得意なわけでもない(ランニングも何度も挑戦し挫折しています...)のですが、今回はあまり苦に感じずに健康維持に役立つレベルの運動は続けられているのが自分でもびっくりしています。 ぜひ今回紹介する習慣の中から自分にあうものを取り入れてみてください。 ## ランニングが無理ならウォーキングがおすすめ タイトルにもあるとおり、僕はランニングがとても嫌いです。 ランニングが得意な人に聞くと、走っていると気持ちいいじゃんという答えがよく返って来ると思うのですが、自分には信じられません。 どんなに気持ちの良い公園や川沿いを走っても「きつい」「やめたい」「歩きたい」という気持ちしか生まれません。 学生のときの体育の授業がマラソンだと本当に萎えてました。周りと比べて何周も遅れるのでいつも一周少なく誤魔化してゴールしてました。友達は気づいていたと思いますが、あまりに僕が辛そうに走って(半分歩いて)いたので言うに言えなかったのでしょう。 これだけ苦手だと、どんなに健康に良いと言われても走る気にはなれません。授業で走りたくないのだからプライベートで走れるわけがありません。 そこで、半ば僻みからではありますが、「ランニングってそんないいもんかね?ウォーキングで十分なのでは?」という思想が芽生え始めました。完全に酸っぱい葡萄です。 ですが、調べてみると意外にもランニングとウォーキングは違う運動で、ウォーキングにはランニングとは違う良い面もあるようでした。 ランニングと比較してウォーキングに

【論文紹介】Entire Space Multi-Task Model: An Effective Approach for Estimating Post-Click Conversion Rate (SIGIR 2018)

イメージ
こんにちは、ぐぐりら(<a href="https://twitter.com/guglilac">@guglilac</a>)です。 今回は、久しぶりの論文紹介記事です。 しばらくデータ分析コンペに参加することが多くそちらに時間を割いていましたが、一旦コンペは落ち着けて論文紹介記事の活動もぼちぼち再開したいと考えています。 今回の記事では、広告のConversion Rate(CVR)予測タスクに対してマルチタスク学習を適用した研究の論文を紹介します。 ## 概要 CVR予測タスクの課題であるsample selection bias (SSB)とdata sparsity (DS)を解決する手法として、マルチタスク学習を利用したEntire Space Multi-Task Model (ESMM)を提案。clickedデータだけでなく全てのimpressionを用いて学習することで上にあげた課題に対処している。 ## リンク [[1804.07931] Entire Space Multi-Task Model: An Effective Approach for Estimating Post-Click Conversion Rate](https://arxiv.org/abs/1804.07931) SIGIR 2018 ## Post-Click Conversion Rate予測の課題 Post-Click Conversion Rate (CVR)予測タスクにおける以下の2つの課題があげられています。 * sample selection bias (SSB) * data sparsity (DS) なお、Post-Click Conversion Rateと書いているのはClickされたという条件のもとでのConversionが生じる確率ということを強調するための表現だと思います。(単にCVRというとこちらを指す認識です) impression時点からみたConversionする確率であるCTCVR (Click Through & Conversion Rate)と異なることに注意です。以後、Post-Click Conversion Rateを単にC